庭の雑草対策には天候が関係あるの?~効率よく作業をする~

最も効率が良いタイミングで楽に作業をしましょう 最も効率が良いタイミングで楽に作業をしましょう

庭の手入れにはそれぞれ時期がある

庭の雑草対策や、剪定をするには季節の時期だけではなく、その日の天気によっても作業の効率が左右されます。適したタイミングで作業を行えるように、いくつかのポイントをお教えします。

剪定や雑草の手入れをしていないと大変な事に・・・

自宅の庭の木や雑草が大きく伸びてしまうと、侵入してきた不審者の姿を隠してしまい、外部からも見えにくくなるので家の中に忍び込まれやすくなります。また害虫の隠れ場や餌場でもあるので、マダニのような危険な害虫も潜んでおり、抵抗力の弱い人は刺されると重篤な症状になる可能性もあります。枯れた雑草は可燃性が高いので火事の原因にもなります。このような危険性を避けるために、ある地域では、草刈りを依頼されることもよくあるようです。

木の種類によって剪定する時期

落葉樹の剪定時期
寒い冬の時期になると木が休眠するため、落葉樹を剪定するのに適した時期です。12月~2月の落葉する時期に行うのが最も適しているとされています。
常緑樹の剪定時期
常葉緑を剪定する場合は、季節にごとにタイミングが異なります。例えば、3月や4月の春先であれば新芽が出る前、夏なら新芽の生長が落ち着く5月や6月が良いでしょう。また常緑樹は寒さに弱いので、剪定をするのは避けましょう。
花木の剪定時期
花木の剪定をする場合には、基本的に花の芽が出る直前に行うのが良いとされています。花には様々な種類があり、花の咲くタイミングも異なってくるので、よくタイミングを見極めて剪定を行うと良いでしょう。
果樹の剪定時期
果実は花が咲いた後に、実になるので、実ができた後に剪定を行うと良いでしょう。そうすることで実に十分な栄養がいきわたり質の高い果実ができます。果樹が成長するリズムを把握することも大切です。

庭の雑草対策を行うなら天候にも注意

庭の雑草対策をするには、その日の天気の様子を見ながら行うのも重要です。雨が降った翌日、土が湿った状態が続くと、雑草は一気に生長をし始めます。そのため、雨が降りそうな日に雑草対策をするのはおすすめしません。最も適したタイミングは、晴れた日が続いて雑草が伸びきったときに作業をすると良いでしょう。

TOPボタン