剪定は業者に依頼をしよう~最も見た目が美しくなる手段~

最も効率が良いタイミングで楽に作業をしましょう 最も効率が良いタイミングで楽に作業をしましょう

庭の雑草対策を行うなら手順を知ろう

除草シートと砂利を使った庭の雑草対策

前もって雑草を抜いておく

除草シートを敷く場合は、雑草を根元からしっかりと刈り込むことが重要です。そして、地面のデコボコを平たく整え、子石や硬いものを取り除くようにしましょう。このような異物が残っているとシートが破ける原因になるので丁寧に作業をする必要があります。

除草シートを広げる

除草シートを広げる場合は、壁際やつなぎ目を丁度ぴったりに合わせずに、少し余裕をもって長めにしておいた方がよいでしょう。つなぎ目に隙間があるとそこから雑草が生えてきます。壁際も少し長めにシートをとっておくと、壁との隙間ができにくいです。

除草シートの上に砂利を撒く

除草シートの上に砂利を敷き詰めるという、2つのアイテムを同時に使用することで効果が大きくなります。砂利はシートが見えなくなるぐらい、厚みをだして敷き詰めるようにしてください。厚く砂利を敷くことで紫外線を断つので、雑草が生長するのを阻止します。

剪定の時期に合わせて業者に依頼にするのもアリ

庭の草木の剪定には、業者に依頼をするのも良いでしょう。その場合は草木の生長サイクルを見ながら、時期を見計らって依頼をするのがおすすめです。

剪定作業は全て業者がやってくれる

剪定業者にしてみれば、庭木1本の剪定では稼ぎにならないですが、お客様の不安な気持ちを汲み取った上で、作業をするのが一流の職人といえます。そのため、庭木一本だけの剪定でも、嫌な顔をしない業者を選ぶようにしましょう。また業者の中には、高額な料金を要求する悪質な業者もいるので、事前に確認をしっかり行うことが重要です。依頼するときに自身の住む地域のことを、よく知る職人に担当してもらうと良いでしょう。地域特有の草木も詳しく、何かあった時にすぐ駆けつけてくれるといったメリットがあります。休日でも営業している業者を選ぶのもおすすめです。家を留守にしている間に、庭がキレイになっていると気持ちが良いものです。

TOPボタン